ハイブリッドセラミック・クラウン

ハイブリッドセラミッククラウン
ハイブリッドセラミック・クラウンとは、ハイブリッドセラミックのかぶせ物 ( クラウン ) をかぶせる治療方法です。素材はプラスチックと陶材を混合した物で、オールセラミックほど透明感はありませんが、硬度は天然歯に近いため優しい素材です。セラミックの欠点である「硬すぎる」という点を改良した素材であり、咬む力がかかる奥歯などには最適で、ブリッジにも適応することもあります。また、歯の質感・色などを合わせやすく、歯の形・大きさの変化も自由に対応できるため、とても自然に仕上げることができます。逆にオールセラミックに比べ透明度は劣ります。

ハイブリッドセラミック・クラウン施術例

メタルクラウン ハイブリッド・セラミック・クラウン
メタルクラウン ハイブリッド・セラミック・クラウン

セラミック・クラウン

セラミッククラウン
セラミック・クラウンには、金属の上にセラミック(陶材)を焼き付けて作るメタルボンド・クラウンと全く金属を使用しないでセラミックだけで作るオールセラミック・クラウンとがあります。セラミック・クラウンとは、歯を一回り小さく削った(約1.5~2.0mmほど)上にセラミック製の歯をかぶせることで歯並び、色、形を美しく整える治療法です。 色の変わってしまっている歯はもちろんのこと、大きさの不揃いな歯、隙間のあいている歯、歯並びのよくない歯、歯根部分だけしか残っていないような場合まで対応可能です。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン
メタルボンドクラウンとは、外から見える部分はセラミックでできていて、中身は金属でできているものです。内側が金属ですので強度もかなり強く、外側をセラミックで作っているので、変色もせず、見た目もとてもきれいな歯に見えます。メタルボンドのメリットとしては、前歯でも奥歯でも対応可能である・強度も強く、色艶を保つことができる・精度が高くて適合性がいい、などがあげられます。逆に、デメリットとしては、金属アレルギーが起こる可能性がある、内側に使用されている金属によって歯肉の黒ずみが起こる、歯周炎を誘発する可能性がある、内側に金属を使用しているため光を透過せずオールセラミック・クラウンに比べて見た目が劣るなどといったものがあげられます。

メタルボンドクラウン施術例

歯牙変色 メタルボンド・クラウン
歯牙変色 メタルボンド・クラウン

オールセラミック・クラウン

オールセラミッククラウン
オールセラミック・クラウンとは、白いセラミック(陶器)でできた被せ物です。
オールセラミックは、従来の治療法のように金属を一切使わないため、光を透過するなど審美的にもとても美しく、硬すぎることもないので咬み合わせの歯を傷つけることもなく理想の歯並び、色、形の美しさを手に入れられます。歯と歯肉の境目が黒くなることもなく、ご自身の歯と見分けがつかないほど自然です。 前歯の歯並びから、むし歯治療後の奥歯の銀歯部分にも被せることができるので、お口の中から金属アレルギーの原因ともなりえる金属をなくすことも可能です。また、金属アレルギーの方も安心です。
当院では、ジルコニアを内冠としたジルコニアオールセラミッククラウンを制作いたします。

オールセラミック・クラウン施術例

メタルボンド・クラウン
歯頚部の黒ずみ
ジルコニア・オールセラミック・クラウン
メタルボンド・クラウン ジルコニア・オールセラミック・クラウン
ページトップへ
入れ歯・義歯TOP
審美歯科の種類
治療の流れ
審美歯科の費用
審美歯科に関するQ&A
当院の審美歯科治療
PMTC
ホワイトニング
セラミックインレー
ラミネートべニア
ハイブリッドセラミッククラウン
メタルボンドクラウン
オールセラミッククラウン
ジルコニア
ファイバーコア
ピーリング
松木歯科医院
入れ歯・義歯