セラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)のみで作った白い詰め物です。虫歯の治療後の金属は、口を開けて笑ったときなどに目立ってしまいます。この詰め物を、セラミック製の天然歯のような白い歯にすることで健康的で自然な美しさが蘇ります。

セラミックインレーの特徴

セラミックインレーは、保険診療で使用される銀の詰め物に比べ、見た目が良く、ほとんど変色しません。また、保険診療で使用される金属に比べ加工性が高いので、密着度が高く歯との隙間ができにくいので二次的な虫歯になりづらく、汚れ(プラーク)が付きにくいのも特徴です。もちろん、金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性もありません。保険診療で使用されるコンポジットレジンと比較しても、変色なく、歯髄への影響もありません。

セラミックインレー施術例

金属インレー セラミック・インレー
金属インレー ハイブリッド・インレー

ラミネートベニア

ラミネートベニア
ラミネートベニアとは、歯を白い歯にし、形や隙間なども整えることができる治療法です。歯の表面(0.5~0.7mm、エナメル質の部分)を薄く削り、着け爪のような白いセラミック製のプレートを貼り付ける方法で、2、3回の来院で終了し、とても自然に美しく仕上がる治療法です。ラミネートベニアは、前歯に隙間がある方、形の整っていない歯、歯の大きさの整っていない方に最適です。また、歯の内部まで色素が沈着していたり、テトラサイクリン、フッ素等の影響や神経を抜いたことによりホワイトニングの効果が期待できない変色歯も、この方法で白い歯にすることができます。

ラミネートベニアの特徴

ラミネートベニアの特徴は、セラミック(陶器)で作成したプレートを貼り付ける方法なので、歯の色を希望の白さにできることです。表面を薄く削って、貼り付けるため、かみ合わせに影響を及ぼしにくいというのも大きな特徴です。通院回数も、一般的に2回から3回程度と比較的短いのも特徴です。しかし、歯並びや歯のねじれなど大きく改善する場合には、セラミッククラウンや部分矯正のほうが最適なことが多いようです。

ラミネートベニア施術例

歯牙形成 ラミネートべニア装着
歯牙形成 ラミネートべニア装着
ページトップへ
入れ歯・義歯TOP
審美歯科の種類
治療の流れ
審美歯科の費用
審美歯科に関するQ&A
当院の審美歯科治療
PMTC
ホワイトニング
セラミックインレー
ラミネートべニア
ハイブリッドセラミッククラウン
メタルボンドクラウン
オールセラミッククラウン
ジルコニア
ファイバーコア
ピーリング
松木歯科医院
入れ歯・義歯